竹芝エレベーター事故から9年!
未だに一度も謝罪をしていないシンドラー社!

エレベーターは、私たちが命を預けて移動する乗り物であり、生活の身近にある乗り物です。 その安全は、メーカー・独立保守点検業者が情報を共有、協力をして安全を厳しく維持していると、 あの事故の日まで信じていました。しかし…。エレベーター利用者の安全は誰が守るのでしょうか!

▲クリックで拡大(PDF)

 

 平成18年6月3日、港区シティハイツ竹芝マンションのシンドラー社製エレベーターは、 16歳の息子が降りはじめている最中に、扉が開いたまま突然上昇して理不尽に命を奪いました。

 この9年間、私たち遺族は、支援者の方々と共に、行政・政治に、なぜ事故が起きたのか、なぜ防ぐことができなかったのか、何が真の事故原因なのか、徹底的に調査解明し、事故の教訓を真の安全対策に活かしていただきたいと訴え続けてきました。しかし未だに真の再発防止策がとられていないのです。 今年の9月29日、いよいよ刑事裁判の地裁判決が予定されています。

 今年も6月3日(水)に以下の内容で集会を開きます。みなさまのご参加をよろしくお願いいたします。


講 演 
柳田邦男氏
(ノンフィクション作家・評論家)

今年で7回目の柳田先生の講演。様々な事故の被害者・遺族達の活動を支援し続けています。今年も、「たったひとりのいのち」だから、しっかりとした事故原因の解明と構造的背景要因を明らかにし、次の事故を引き起こさないようにするにはどうすればいいのかという点や、行政や関係者が「自分には関係がない」という意識ではなく「2.5人称の視点」を持つことが重要であることなど、近年のさまざまな事故の話を交えての講演です。 他、裁判の報告・・・前川雄司弁護士

 

日時 2015年6月3日(水) 18:10~20:30

会場 港区障害保健福祉センター (ヒューマンぷらざ)

東京都港区芝 1-8-23

6F 講演会・報告会(竹芝小記念ホール)        
     開場17:30 開演18:10   
7F 活動資料と写真展
     14:00~20:30

・JR 浜松町駅南口 徒歩8分   
・浅草線・大江戸線 大門駅 A1出口 徒歩7分         
・三田線 芝公園駅A1出口 徒歩10分
※ 資料代300円のご協力をお願いいたします。

※「当日のチラシ」(Word)はこちら(上記と同内容)word