平成18年6月3日、16歳の息子は、自宅マンションのエレベーターから降りる最中、扉が開いたまま突然エレベーターが上昇したため命を奪われました。事故後、「乗り方に原因がある」「自転車に跨いだままだからだ」と原因究明調査がされていないのに関わらず、事故原因に対する、憶測、根拠のない中傷がありました。このことは、被害者遺族を苦しめつづけ,それは今も続いています。
 私は、起きるべきして起きた事故だと思っています。 エレベーターには非常停止装置は設置されていました。 しかしエレベーターを停止階で制止させておくブレーキが故障してしまうと、釣合い重りの関係で、突然上昇・下降するエレベーターを、停止させる安全装置はなかったのです。 事故から6年、未だにこの事故は全面解明に至っていません。事故の現状事実は、国土交通省からの事故報告書で出されました。 しかし事故原因をあきらかにする、事故の背景要因を調査・解明までには至っていません。
 私たちは、一刻も早く事故の原因究明調査がされ、二度とこのような事故が起きないこと、エレベーターを止めておくブレーキが故障した際にエレベーターの上昇を止める二重ブレーキの設置が全てのエレベーターにされることを目指して、訴え続けています。今年も、息子がなくなった6月3日に、息子への献花、またご支援いただいている柳田邦男先生の講演会を開催いたします。
 皆様のお時間を少しいただければ幸いです。

6月3日の事故の日に「講演」「報告」「献花」 開きます。多くの方の参加をお願いします。  

  1. 柳田邦男先生の講演 「安全な社会づくりを目指して(仮題)」
    前川弁護士の報告 「シンドラー社製エレベーター戸開走行事故の現状と問題点」
    *会場 障害保険福祉センター(ヒューマンぷらざ)6階 (竹芝小記念ホール)
    15時~17時30分(JR浜松町駅南口徒歩10 分)
  2. *いっちゃんとともにの会(献花)
    会場 障害保険福祉センター(ヒューマンぷらざ)7階
    14時~20時