【標題記事の裁判が中止となりました】
11月に延期予定でございますが、詳細を確認次第、こちらでアナウンスさせてもらいます。
ご了承の程、よろしくお願い致します。(2016.9.21)

 

 

 事故後の平成20年12月12日、息子の誕生日に東京地方裁判所に、シンドラー社、SEC社、港区、住宅公社、日本電力サービス社を提訴しました。その民事裁判が9月30日で結審します。
 最終審議は、私への尋問になります。この10年、私はどうしても譲れないことがあります。エレベーター利用者の安全を第一に考えていなかったことであり、メーカーはマニュアルを渡したり情報を伝える義務も責任もないと、命にかかわる特性があっても公開していませんでした。
 また保守会社も、エレベーターは同じ五感でできると主張しています。民事裁判がこの主張を判決で正してくれると信じています。
 お忙しいとは存じますが、多くの方々の傍聴が安全を求める声になります。よろしく御願いします。

市川正子

【民事裁判】  
※日時:2016年9月30日 13時30分~  
※場所:東京地方裁判所 103号法廷    
※尚、傍聴ご希望の方が多い場合は、40分前から整理券が配られます。